興信所 探偵 違い

興信所は信用調査を主として探偵事務所は行動調査を主とするといった違い

探偵と興信所

 

興信所と探偵事務所の違いとは一体何なのでしょうか?

 

元々をたどると興信所は信用調査を主として探偵事務所は行動調査を主とするといった違いがあります。

 

信用調査と言うのは企業や個人の信用、つまり金銭的な事情や過去の犯罪歴といったような信用に関連する情報を調査することを指しており、行動調査は個人が普段どういった行動をしていて、そこからどういったことが推察できるのかということを明らかにするものを指しています。

 

こうした違いは現在だとかなり薄れてきていますが根本的に異なると考えている事務所もありますから、一応覚えておくとよいでしょう。

 

 

とはいえ、最近ではほとんど探偵と興信所の業務の差は見られなくなっています。

 

最近の話をしますと、興信所も探偵事務所も請け負う調査に関してはかなり似通ったものになってきているのです。

 

実際興信所を名乗っていても浮気調査などの行動調査を請け負っているところがほとんどですし、逆もまた然りです。

 

 

よってかつてほど「この調査はこっちに持ち込んだ方が良いだろう」といったようなことは考える必要が無いと言って良いです。

 

大切なのはそれぞれの探偵事務所や興信所がどういった屋号で事業を営んでいるかより、実際に相談してみて信用できるかどうかといったところですから、事務所の名前で思い込みを持つのではなく相談をしてから決めることをお勧めします。

 

興信所の主な業務は信用調査

探偵と興信所

 

興信所が請け負う業務とはどういったものなのでしょうか。

 

興信所が請け負う業務は原則としては信用調査に分類される物です。

 

信用調査というのは企業や個人の信用、例えば金銭的な状態はどうなっているかや過去の犯罪歴はどうかといったことを調べる調査のことを指しています。

 

例えば「取引先の現在の状態を正確に知りたい」といった場合や「結婚する前に相手の過去のことを知りたい」等の場合であれば興信所が請け負う信用調査に分類されますから、興信所に持ち込むべき種類の依頼だと言えます。

 

 

実際に行われる調査方法とはどういったものなのでしょうか。

 

その調査方法とはどういったものがあるのかというと、信用調査において基本になるのは情報収集と真偽の確認です。

 

例えば企業の信用調査であればここ数年間の決算情報を総合的に確認したうえで財務状態を確認することが主体になるでしょうし、結婚相手の過去を知りたいということだとこれまでの官報に掲載された情報や周囲の人への聞き込み、尾行といったことが行われます。

 

ただこうした調査は探偵事務所でも普通に行うことですから特殊な調査を行っているといったことはありません。

 

以前から興信所として実績のあるところであれば別ですが、基本的には探偵事務所と大差はないとみて良いでしょう。