興信所 借金調査

独自のルールで借金やサラ金を調査できる興信所はある

興信所による借金信用調査

 

興信所に対して持ち込まれる依頼として時折見受けられるのが借金調査です。

 

これから採用しようとしている人材に借金は無いか、娘の結婚相手に借金は無いかといった悩みを抱えた人が興信所に依頼を持ちこむことがあるのですが、しかし結論から言うと「本来であれば借金調査は出来ません」と言わざるを得ません。

 

そもそも借金があるかどうかを調べる方法として挙げられるのは調査対象に聞き取りを行うか、個人信用情報と呼ばれる金融機関しか見られないデータを閲覧する、または調査対象の家に到着する金融機関からの書類を盗み見るといったものしかありません。

 

本人に聞き取り調査をするなら興信所に頼む必要はありませんし、金融機関だけが見られる個人信用情報を見ることはできません。

 

さらに金融機関から送られてくる書類を盗み見るのは信書開封罪になりますから、いずれも普通の興信所では出来ることではないのです。

 

ただ一部の興信所ではこうした借金調査を得意としているところがあるのも事実で、そうしたところでは金融信用情報を得るための独自のルートを持っています。

 

実際にネットなどで調べても、借金調査やサラ金調査を得意としている興信所の広告やHPはいくらでもあります。

 

また、一部の興信所では金融機関に勤めている人から不正にデータを横流ししてもらうなどの方法で対応しているケースもあるそうです。

 

しかしそうした手段はどう言い繕っても違法です。もし、そういう手法で借金調査をやっている興信所があればかなり危険と言わざるをません。

 

調査料金は簡易的なものなら2万円、通常4万円程度が相場

興信所による借金信用調査

 

あの人がいくら借金が調べたいと思った時には、興信所を利用しましょう。

 

結婚相手や仕事上のパートナーなど、身近な相手が経済的に困窮しているのかどうかは、知っておくことで未然のトラブルを防ぐことができます。

 

興信所では借金調査やサラ金調査を行うことで、どこからいくらの借金をしているかを調査することができます。

 

調査料金は20000円から40000円程度で、借入総枠金額や残債権額、利用日などの情報の種類によって価格が変動します。

 

興信所がどのように借金調査を行うのかについて、注意が必要です。

 

借金の有無を調査する方法として、他人の個人情報を第三者から教えてもらう手法を採用している興信所は違法行為を行っている可能性が高いです。

 

消費者金融や銀行の役員の中から情報を購入することで借金の遍歴を知ることができますが、このような行為は違法であるため、依頼者も犯罪に巻き込まれる可能性があります。

 

ほかの方法として、調査対象の行動を監視することによって、サラ金に入る現場を目撃したりゴミを調べて借金の明細書を見つけたりすることができます。

 

このような方法によっても調査対象の借金遍歴は調査することができますので、興信所がどのような調査方法を採用しているのかについて、依頼者は注意しなければなりません。

 

興信所の選び方