興信所 メール調査

法律上、メールの中身を調査することは無理

興信所へ相談する

 

興信所が請け負う調査の中でも身辺・素行調査などの調査の中では個人のメールを確認するメール調査も行われているとよく言われています。

 

現代社会ではメールでやり取りされることが非常に多くなっており、そこでは単なる業務連絡のみではない、友人間のかなり込み入った話などもされるようになって来ました。

 

しかし興信所がメールの内容まで調査ができるのかと言われると、これは少々怪しいと言わざるを得ません。

 

まずそもそも現代社会においてメールは重要な連絡手段とされており、プライベートな連絡にも使用されるためにほとんどのメールではアカウントとパスワードによる管理がされるようになっています。

 

もし関係のない第三者が本人の了承なくその内容をみるとすればアカウントを特定してパスワードを解析する必要があるわけですが、これは不正アクセス禁止法に明確に違反する違法行為です。

 

ましてやメールを管理する会社のデータベースに侵入する、管理会社と交渉して秘密裏にメールの内容を教えてもらうというのも当然犯罪ですから、まともな興信所であればこうした調査は請け負わなくなっています。

 

一応かつてあった別れさせ工作などでは工作員が工作対象とメールをして浮気をでっち上げて本来の交際相手などと別れさせるといったことが行われていましたが、これも詐欺ではないかという指摘が増えているため行う興信所は減っています。

 

中にはメール調査が出来ると断言している興信所もありますが、そうしたところに依頼する際には本当に信用出来るかどうか普段よりもしっかりと見極める必要があるでしょう。

 

興信所の選び方

 

メールの調査のみなら3万円程度が相場とも

興信所へ相談する

 

興信所にメール調査を依頼する必要性とその費用とはいくらくらいかかるのでしょうか。

 

携帯電話で過去にやり取りしたメールの内容を知ることができれば、パートナーの浮気の証拠をつかむことができたり、その他の不貞行為の疑惑を確かめることができます。

 

しかし携帯電話会社に内容の情報を開示してもらうことができる可能性はほとんどないため、興信所の調査能力に頼ることが有用な手段となります。

 

興信所にメールの調査を依頼したときにかかる費用は1件当たり3万円前後が相場となっています。

 

さらに機械の設置や撤去に費用が掛かった場合は追加料金が請求されることもありますので、事前に見積もりをもらっておくと便利です。

 

興信所がメール調査を行う方法と違法性の存否についてです。

 

興信所がメール調査を行うと、特殊な機械を用いてメール内容を復元することができるところもあります。

 

また今では多くの方がSNSやブログを行っていますので、そこから個人情報を検索しメールアドレスなどの情報も取得していくということも行います。

 

ただ、他人の過去のメール内容を復元し手確認することは個人情報保護法違反に問われる可能性がありますので、そのような行為を行っている探偵事務所には依頼するのはやめておくのが後日のトラブルを避ける手段として適当です。

 

興信所の選び方