興信所 見積もり

同じ内容の調査依頼であっても興信所によって料金は大きく変わってくることがあるので必ず複数見積もりをとる

興信所への疑問

 

興信所へ浮気調査をした場合の費用の相場は一般的には30万〜50万円程度と言われます。

 

ただし、同じ内容の調査依頼であっても興信所によって料金は大きく変わってくることがあるので必ず複数見積もりをとることが重要になります。

 

人は生活をしていく上で、必ず他人と付き合っていかなければいけません。

 

その為、対人関係での悩みは必然的に起こり、時に恋愛関係にある人との関係は、生きて上で最も重要な案件になります。

 

興信所への依頼の中で、最も多い案件の一つは浮気調査です。

 

人は一度気になりだしてしまうと結果を知るまでその他のことが疎かになってしまうことが多いので、興信所への依頼は減少することはありません。

 

日本には数多くの興信所がありますが、依頼するときには必ず複数の見積もりを取ることです。

 

浮気調査は時には長期間にわたって行わなければならない時もあり、かなりの費用が加算されていく場合も少なくありません。

 

探偵社によって、料金体系は様々で、基本料金の中に全ての費用が含まれている場合もあれば、行動一つ一つに費用がかかり、加算方式で費用がかかる探偵社もあります。

 

大体の費用相場は一案件30万円から50万円ですが、この相場より高い場合はもちろん考えなければいけませんし、この相場よりもあまりにも安い場合も少し怪しまなければなりません。

 

浮気調査終了後に、離婚へと発展した場合には、調査報告書が調停の有利に働きますが、安い費用ですと調停に使用できなかったりしますので注意が必要です。

見積もりをとることでも信頼できる興信所を選ぶヒントになる

興信所への疑問

 

興信所に依頼をするに際して複数の探偵社に見積もりをとって選ぶことで調査費用を抑えることができます。

 

興信所の料金体系は事務所ごとに異なっていて料金には幅があります。

 

ほとんどの探偵社が採用しているのは手付金と調査費(スタッフのタイムチャージや実費)を分けて計算する方式で、調査費の一部が成功報酬に含められる場合があります。

 

手付金とは活動を始めるために必要な費用とされ、途中でキャンセルしたり調査が失敗したりしても返金されません。

 

調査費や諸経費は調査内容に応じて実際にかかった費用を計算して請求されます。

 

これに対して完全成功報酬型では調査が失敗したら料金を請求されませんが、成功した場合には相場より高額の料金が請求されるケースがあります。

 

完全成功報酬型では調査が失敗した案件にかかった費用も、成功した案件の成功報酬に含められているからです。

 

複数の探偵社に見積もりを取るメリットは他にもあります。

 

探偵の仕事は依頼人の見ていない所で行われるため、一部の悪質な興信所では十分な調査を行わない所が存在します。

 

そのような悪質な探偵社は調査費や成功報酬を安くして、手付金を高額に設定する傾向があります。

 

料金の内訳を見ることで、きちんと仕事をする良心的な探偵社かどうかを見分けることができるのです。

 

探偵に調査をしてもらう料金は数十万円から数百万円にも及ぶので、本当にきちんと仕事をするところなのか、調査には関係のない不必要な費用が請求されていないかどうかをきちんと見極める必要があるのです。

 

興信所の選び方